えちぜん観光ナビは福井県越前町の観光情報をお届けしています/越前町観光連盟

越前ロコ旅ブログ

越前町大好きライターが魅力を発信!

【O・TA・I・KO響2022】開催決定!熱い想いと魅力をレポート!

【O・TA・I・KO響2022】開催決定!熱い想いと魅力をレポート!

掲載日:2022年6月25日

294ビュー

ライター:加藤 実登里

今年の夏は3年ぶりにO・TA・I・KO響が開催されます。

8月20日の本番に向けて、日々練習を重ねる和太鼓集団、OTAIKO座明神の稽古場にお邪魔しました。

O・TA・I・KO響とは

O・TA・I・KO響は平成2年に始まり、今年で31回目。

平成元、太鼓の町のシンボルとして大太鼓「明神」を作ったことから始まります。
翌年、「明神」を演奏する場としてO・TA・I・KO響がスタート。
その翌年の平成3年にOTAIKO座明神も結成されました。

O・TA・I・KO響は100~200人がステージに上ることもあった全国的に有名な太鼓コンサートです。

今年は大人数での演奏は難しいようですが、ゲストを2チームお招きしてのステージです。

今年は3年ぶりの開催となります。
今から開催が楽しみです。

大太鼓「明神」

大太鼓「明神」はO・TA・I・KO響の始まりのきっかけとなった太鼓です。
作られた当時は西日本で1番大きな太鼓だったそうです。

5尺の大太鼓で、胴の直径は2m近いそうです。
間近で見るとその大きさは圧巻です。

O・TA・I・KO響で演奏される曲はほぼすべてに「明神」が使われます。
曲は座長の上坂さんの作曲で、ほぼ毎年新しい曲を作られているそうです。

今回お邪魔した時は国体で演奏された「恐竜行進曲」を披露してくださいました。
恐竜の足音が聞こえているような雄大な曲です。

1曲が8~10分ほどあり、演奏だけでなくそのパフォーマンスや迫力も必見です。
大太鼓「明神」の響く音の迫力と心地よさも聞き逃せません。

男性だけでなく女性の方も演奏されます。
曲によって演奏する人がかわり、メンバーみんなが演奏する機会があるそうです。
とても愛されている太鼓ですね。

OTAIKO座明神とは

OTAIKO座明神は平成3年に結成された太鼓グループです。

現在は約15~16人が主に活動しており、平均年齢は25歳くらいと、若い方が活躍しています。
越前町だけでなく、福井県内の各地から毎週練習に来られているそうです。

33年間変わらずに続いている週3日の稽古。
これはOTAIKO座明神の活動の幹となっています。

皆さん、普段はお仕事をされており、仕事後に越前町で太鼓の連取をされているというとてもアクティブな方々でした。
女子の方も半分ほどいらっしゃいました。

もともと自営業の方が多かったそうですが、和太鼓部やジュニアからそのまま続けられる方も増えているそうです。

O・TA・I・KO響を中心に普段は県内外のステージで演奏したり、単独コンサートを開催されたこともありました。

大太鼓「明神」を中心に、太鼓の町から和太鼓文化を発信し、地元に応援され続けてきたグループです。

「和太鼓文化を大切に」

演奏する演目には江戸囃子やこきりこなど伝統文化を取り入れているものが多くあります。

日本の文化を大切にした曲作りで和太鼓文化を発信したいという思いもあるそうです。

もう一つ、グループとして大切にされているのがOTAIKO座明神のメンバーの「心の支えとなる場所」tなること。

メンバーは様々な場所からそれぞれ仕事も持ちながら参加しています。

一人一人のメンバーの人生において、生きていく力になる場所であること
仕事後の稽古で体力も使うけれども、どちらも両立できるグループでありたい。

その想いはメンバーの方々にしっかりと伝わっていました。

メンバーの方々の想い

今回はOTAIKO座明神の素敵な女性メンバー4人にもお話をお伺いしました。

Q「OTAIKO座明神に参加されたきっかけは何ですか?」
ー保育園の年中さんから10年以上続けています。
ーOTAIKO響で、創作太鼓を見てかっこいいと思いました。
ー高校の部活に上坂さんが指導で来てくれたのがきっかけです。

Q「どのような想いで参加されていますか?」
普段出せない自分を出せる。
ー課題が延々と見つかります。
ー曲やリズムが体に染みついている。
家族のようなチーム。他のチームで新たにやっていけないと思う。
ー舞台の上で心を合わせるのが楽しい。他のメンバーの輝く姿を見るのが好き。

Q「これからのどのように活動していきたいと思っていますか?」
ー若手のメンバーの想いを実現させていきたい。
ーもっとメンバーが増えるといいな。

太鼓を通じて、年齢や仕事、住む場所が違ってもお互いを支えあい、励ましあう様子を感じることができました。
何度と同じステージに立つ中で深い絆を築いていかれたんだなと言うことがよく伝わります。
関わる人にとってかけがえのない場所、それがOTAIKO座・明神でした。

今年の見どころは…

今年は3年ぶりの開催となるO・TA・I・KO響。

今後何十年と続いていくためのスタートとして、想いをのせる舞台となります。

地元の太鼓グループの演奏や、OTAIKO座明神の迫力あるステージがとても楽しみです。
さらに、メインゲストとして木村優一さん、山田純平さんが演奏します。

例年と違い、「コンサート方式」での開催となるため、申し込みが必要です。

詳細はHPで確認してください。

雄大で心地よい太鼓の演奏をぜひ体で感じましょう!

【OTAIKO響 2022】

日時:2022年8月20日(土)15:00開場 16:00開演

場所:福井県越前町 オタイコ・ヒルズ

お問い合わせ:
O・TA・I・KO響実行委員会事務局(織田コミュニティセンター内)
TEL:0778-36-1111 FAX:0778-36-1117
〒916-0215 福井県丹生郡越前町織田36-1
URL:http://otaikohibike.net/index.html

トップに戻る

この記事のライター:加藤 実登里

加藤 実登里

大阪出身、福井に来て10年目です。福井市の片隅で子ども3人と夫とのんびり暮らしています。引っ越しで越前町が近くなり魅力をたくさん発見したので、ブログを通して多くの人にも知ってもらえたらな、と思っています!

同じテーマの記事

このライターの記事

越前町 越前町商工会 越前町公共施設管理公社ホームページ ふくいドットコム 福井県越前町移住支援サイト SUMOSSE!(住もっせ!) 越前焼工業協同組合 越前町遊漁船業組合 越前町ダイビング協会 ふるさと納税 YAEH!!ステッカー ほのぼの トリップアドバイザー Holiday [ホリデー] | 休日のおでかけならHoliday RETRIP トラベルノート
ページトップへ ページトップへ