えちぜん観光ナビは福井県越前町の観光情報をお届けしています/越前町観光連盟

越前ロコ旅ブログ

越前町大好きライターが魅力を発信!

150年以上の歴史がある美味しいおたとうふ

150年以上の歴史がある美味しいおたとうふ

掲載日:2022年2月17日

3,826ビュー

ライター:Ku


おたとうふ」の名前で親しまれている(有)ウスヤ食品さんを訪ねてきました。
今回お話をお聞きしたのは、社長の臼屋祐樹夫さんです。

臼屋社長と従業員さん
                臼屋社長(中央)と従業員さんたち

豆腐屋さんの朝はとても早く、臼屋さんが工場に入られるのは、毎日午前3時半~4時頃、まだ夜が明ける前の早朝だそうです。
従業員さんたちも、朝早くから来られて作業を始められます。

私が訪ねた頃は、豆腐作りも佳境に入っていて、皆さんめまぐるしく働かれていました。

広い工場の中、従業員さんたちは、手を休めることなく様々な作業をされています。

大きな型に豆乳を流したり、固まった豆腐を包丁で切ったり、水槽の中に入った豆腐をパックに入れたりと、
自由に写真を撮って、何でも質問してくださいと言われたものの、声を掛けるのが躊躇われるほどでした。

大豆

豆腐が出来るまでを説明します。

材料の大豆は、前日から水に浸けておきます。

大豆は、エンレイ里のほほえみといった品種で、全て国産、主に福井県産の大豆を使用しています。
商品によって大豆は使い分けされるそうです。


十分に浸水した大豆を細かく砕くと生呉(なまご)になります。


生呉を加熱して出来る煮呉(にご)を絞って、おから豆乳に分けます。
豆腐を作るとき、使った大豆と同じ重さの大量のおからが出来るのですが、

ウスヤさんでは、おからは商品として出荷すると共に、飼料や肥料などにも利用されます。

うす揚げの豆乳

厚揚げの型流し
豆乳は、豆腐や揚げの種類によって濃度を調整して、凝固させるためのにがりを入れ、

それぞれの型に流し入れ、重しをかけて水分を抜いていきます。

豆腐切り

適度に水分が抜けた豆腐を、型から抜き、大きな包丁などで切り分けます。

柔らかい絹とうふや木綿とうふは、崩れないようにそっと切ります。

パックの包装

絹や木綿は、水の中に放たれ、ひとつずつパックの中に詰め、機械でフイルムをかけていきます。

今の時期、水は冷たく、手が真っ赤になるそうです。

パックした後は、まだ温かいため、更に水槽の中で1時間ほど冷やしてから、ようやく完成するそうです。


ウスヤさんでは、1日3000丁~5000丁の絹とうふを作られるそうです。

絹とうふと厚揚げ

他にも、木綿とうふ、焼きとうふ、おぼろとうふ、うす揚げ、厚揚げ、がんもどきなどたくさんの商品を作っています。

青大豆黒豆を使った豆腐も作られているので、見掛けたら、ぜひ食べてみてください。

工場の奥の方では、厚揚げとうす揚げが揚げられていました。
一日に揚げる厚揚げは、1000丁~1200丁。

厚揚げ

油揚げは、三段階に温度を分けて、低い温度から徐々に高い温度で揚げていきます。

厚揚げ

揚げ立ての厚揚げは、厚さが8~10センチくらいはありそうなすごいボリュームです。

私にとっては、この厚揚げが当たり前なのですが、全国的にみるとこれだけ分厚い厚揚げは、福井だけのものらしいです。
報恩講などの仏教行事が盛んで、冬の貴重なたんぱく源として福井で親しまれている厚揚げ、福井が全国に誇る食品です。


油揚げ、がんもどきの購入量58年連続日本一の福井で、3年前から開催されている「あげフェス」では、

この外はパリッ、中はじゅわ~の熱々揚げ立ての厚揚げを食べることが出来ます。

あげフェスは今年もきっと開催されます。

会場で揚げ立ての揚げを食べに行ってください。

うす揚げ

隣では、うす揚げが揚げられていました。
揚げる機械に一枚ずつ乗せられ、1時間以上じっくりと時間をかけて揚げていきます。

揚げると元の豆腐の1.5倍くらい大きくなっていきます。


豆腐作りの作業は、午前中がほとんどですが、

午後からは、がんもどきを作ったり、朝の作業で使った型や道具を洗う作業があります。

私が見せてもらった作業だけでもすごく大変そうだったのに、お昼からもまだまだ作業があるとお聞きして、

美味しい豆腐や揚げを作るためには、多くの労力が要ることが分かりました。

さて、ウスヤ食品さんの創業はなんと江戸末期、150年以上、織田の地で代々豆腐を作って来られました。
社長さんのお話では、昔は町のあちこちに豆腐屋さんがあって、お鍋などを持って豆腐を買いに行く姿が普通に見られたそうです。

越前町だけでも50軒ほどは豆腐屋さんがあったそうなのですが、

今は、各家庭に冷蔵庫もあるので、保存や輸送の状況も良くなり、時代の流れもあって、段々と豆腐屋さんも減ってしまったそうです。

朝早くから晩まで働かれている臼屋社長、とてもお忙しそうなのですが、15年前から越前町や鯖江市の小学校で豆腐作り教室をされているそうです。
子供たちに、自分たちが食べている豆腐がどうやって出来るのかを知ってもらって、豆腐作りに興味を持って欲しいとの願いも込めて、食育活動を続けられているそうです。

福井の皆さんに愛され続けているおたとうふは、現在、福井県内の多くのスーパーで購入することが出来ます。

織田の美味しい水と国産大豆で作られて、とっても美味しいです。

ぜひ食べてくださいね。

(有)ウスヤ食品

丹生郡越前町四ツ杉16-12-1
TEL:0778-36-0221
URL:http://ota-toufu.com/

トップに戻る

この記事のライター:Ku

Ku

越前市出身ですが、両親、祖父母とも越前町生まれ。ご先祖に呼ばれて今では越前町在住です。パンを焼いたり、畑を耕しています。

同じテーマの記事

このライターの記事

ふくいドットコム まるごと越前海岸ナビ 越前焼工業協同組合 越前町遊漁船業組合 越前町ダイビング協会 越前町公共施設管理公社ホームページ 越前町 ふるさと納税 福井県越前町移住支援サイト SUMOSSE!(住もっせ!) 越前町商工会 中部広域観光ポータルサイト|Go! Central Japan トリップアドバイザー Holiday [ホリデー] | 休日のおでかけならHoliday RETRIP トラベルノート YAEH!!ステッカー
ページトップへ ページトップへ