【~越前陶芸作家展覧会情報~】

ベロ亭賽窯 岩国 英子氏の個展案内です。
展示会名:『影を踏む 岩国英子の陶と彫展』
展示会期:2017.10.19(木)~10.30(月) 12:30~20:00[24(火)休廊] 展示会場:HIGURE17-15cas(東京都荒川区西日暮里3丁目17-15) http://hgrnews.exblog.jp/

1980年代に、故鶴見俊輔氏主催の雑誌「思想の科学」で自らを「たかがやきもの師」と称し、社会変革も水商売も、すべての営みを等価にとらえようとした岩国英子が、今年70歳になった。
朝にふんだんの野菜を食べ、ベロ亭のパートナーKeikoが育てた庭に咲き乱れる花たちを眺め、山あいの鳥たちのさえずりを聴き、リノベーションをし続けた築130年の古民家に住み、日本のクニのありようを潜在的に支えているこの農村風景に居ながらにして根っこから問う表現を探し求めている。
「影を踏む」と題した東京HIGURE17-15casでの個展では、いわゆる陶芸という分野も、歴史的時空も越境したインスタレーションをしつらえます。
また陶芸の世界を逸脱したような花器や、思いきり食卓を愉快にする器たちも、HIGUREの別フロアーにHIDEKOワールドとなって繰りだします。いずれもご購入いただけます。
(個展案内DMより)

【~越前陶芸作家展覧会情報~】ベロ亭賽窯 岩国 英子氏の個展案内です。展示会名:『影を踏む 岩国英子の陶と彫展』展示会期:2017.10.19(木)~10.30(月) 12:30~20:00[24(火)休廊]展示会場:…

越前陶芸村さんの投稿 2017年7月1日