【7月2日は半夏生鯖】

夏至から数えて11日目の日を半夏生といい、福井県では鯖を食べる習慣が残っています。
大野藩が田植えで疲れるこの時期に、越前町から栄養豊富な鯖を運んで食べさせたのが始まり。
その風習が今にも残り、今では福井県のあちらこちらで夏バテ防止を兼ねて焼き鯖が並びます。
また、関西地方ではタコを食べる習慣もあり、「稲の根が、タコの足のように地面にしっかり張るように」という願いが込められ食べられているそう。
蒸し暑く体調を崩しやすいこの季節、先人の知恵の焼き鯖をいただきながら、暑い夏を迎えましょう!

【7月2日は半夏生鯖】夏至から数えて11日目の日を半夏生といい、福井県では鯖を食べる習慣が残っています。大野藩が田植えで疲れるこの時期に、越前町から栄養豊富な鯖を運んで食べさせたのが始まり。その風習が今にも残り、今では福井県のあ…

いいね!越前ロコ旅~地域密着観光情報さんの投稿 2017年7月1日